HOME   ニュース    「田んぼの生きもの調査」を開催しました!

「田んぼの生きもの調査」を開催しました!

2018年10月19日

 JA北越後主催の「稲刈り体験イベント」内で、JA全農にいがた提案の「田んぼの生きもの調査」をおこない、生きものと直接触れ合う体験を通じて、水田が果たす役割や農業について理解を深めてもらいました。
 


 「稲刈り体験」では、JA職員の指導のもと、カマを上手に使って稲刈りを楽しみました。
 



 「田んぼの生き物調査」では、子供たちは田んぼで捕まえた虫の名前や特徴、何を食べて入るのか?など、講師に質問をなげかけたり、実際に触って熱心に観察していました。





講師:胎内昆虫の家 遠藤正浩氏

 【今回確認した生きもの】
<水中、水の上>
  カワニナ、サカマキガイ、モクズガニ、ヒメゲンゴロウ、ニホンカワトンボのヤゴ、アキアカネのヤゴ、ヒメガムシ 
<草、畔>
  カナへビ、エンマコオロギ、オオカマキリ、マダラスズ、コバネイナゴ、ショウリョウバッタ、セスジツユムシ、ツヅレサキコオロギ、アカヒゲホソミドリカスミカメ、ササキリ、コアオハナムグリ、キタキチョウ、ベニシジミ、ヒメアカタテハ、アキアカネ、ノシメトンボ、ニホンミツバチ、ニホンアマガエル、クモ




開催日 平成30年10月13日(土)
場所 JA北越後管内圃場
参加者 親子40名
主催 JA北越後
講師 胎内昆虫の家 遠藤正浩氏
協力 JA全農にいがた