HOME   ニュース    新潟県産の「ゆで枝豆」を上越新幹線で車内販売します!

新潟県産の「ゆで枝豆」を上越新幹線で車内販売します!

2016年6月27日

 新潟県は枝豆の作付面積が1,570haと日本一ですが、出荷量は3,620トンと第6位です。(県統計資料より)その理由は、生産者が作った枝豆を出荷せず、自分たちでかなりの量を食べてしまうからと言われています。
  
 地元の人が好んで食べているおいしい枝豆を、首都圏の皆様にもぜひ食べていただきたいと思い、このたび、JR東日本㈱新潟支社様、㈱日本レストランエンタプライズ新潟支社様と協力し、上越新幹線の車内で「ゆで枝豆」を販売いたします。

 JA全農にいがたは、原料となる枝豆を産地から手配(主な産地:JA越後中央 黒埼地区)し、7月から9月の3か月間、上越新幹線向けに「新潟えだまめ」、「新潟茶豆」、「新潟あま茶豆」とリレーしながら、出荷していきます。
 
 ぜひ旅のお供に新潟県の枝豆を食べてみてください。

枝豆
枝豆
実施期間 平成28年7月~9月末
場所 上越新幹線
提供 JA全農にいがた
JR東日本㈱新潟支社
㈱日本レストランエンタプライズ新潟支社
販売商品 新潟県産ゆで枝豆