HOME   ニュース    「にいがたチューリップマルシェ2016」in表参道ネスパス【イベントレポート】

「にいがたチューリップマルシェ2016」in表参道ネスパス【イベントレポート】

2016年2月15日

 新潟県本部と県内JAからなる「にいがた園芸農産物宣伝会」は、1月29日(金)~31日(日)の3日間、東京都渋谷区のアンテナショップ、表参道・新潟館ネスパスにて『にいがたチューリップマルシェ2016』を開催し、春を告げる新潟の花、チューリップのPRを行いました。

ネスパス
ネスパス

 イベントでは、新潟から直送した約5,000本のチューリップ切花と、室内にそのまま飾れる花芽付きチューリップポットの販売を行いました。ネスパスでの販売は今年で5年目となりますが、天候の悪い中でもリピーターを中心に多くの来場があり、2日目の時点で切花の多くが完売するなど大盛況となりました。会場ではチューリップ切花の展示も行い、来場者は色とりどりのチューリップを熱心に眺めたり、写真を撮ったりしていました。

ネスパス
ネスパス

 チューリップ切花は出荷量全国一を誇る新潟県ならではの品揃えで、普段なかなか店頭に並ばない珍しい品種や新潟県育成オリジナル品種など、約60種類を揃えました。新潟県育成オリジナル品種「恋心」は、花びらにオウムの巻毛のようなフリルがはいるパーロット咲きで、淡いピンクと白の色合いが可愛いと幅広い年代から人気を集めました。

チューリップ
アルビレックス(県育成品種)
チューリップ
ナイトダンス(県育成品種)
チューリップ
恋心(県育成品種)

 イベントを通して、チューリップの魅力である多様な色とかたち、その種類の豊富さを多くの方に見ていただくとともに「チューリップ切花=新潟」をPRすることができました。今シーズンの新潟県産チューリップ切花は、10月から4月まで約1,300万本を全国へ出荷する計画です。

チューリップ
様々な品種のチューリップが一同に揃い、華やかな空間を演出
開催日 平成28年1月29日(金)~31日(日)
会場 表参道 ネスパス新潟館
主催 にいがた園芸農産物宣伝会