HOME   ニュース    新潟県で誕生したキッズ野菜ソムリエたちがJリーグ「アルビレックス新潟」の試合に登場!

新潟県で誕生したキッズ野菜ソムリエたちがJリーグ「アルビレックス新潟」の試合に登場!

2015年10月28日

10月17日土曜日、新潟県のデンカビッグスワンスタジアムでサッカーJリーグ「アルビレックス新潟vs松本山雅FC」の試合が開催されました。

キッズ野菜ソムリエたちが試合前の「フラッグベアラー」として活躍しました。

この日は「JA全農にいがたサンクスデー」で、試合開始前に県産農畜産物をPRするため、「新潟米」「365日、新潟産」の旗をピッチ上で掲げました。今年、本会主催のイベントで誕生した「キッズ野菜ソムリエ」たちがその役を担いました。


緊張の面持ちで旗を持ち、堂々と入場して、役目を果たしてくれました!
おそろいのエプロンとチーフがかっこいいです!


大勢のアルビレックス新潟サポーターの方々にご覧いただきました。


新潟米!

「みんなで食べよう!365日、新潟産。」

スタジアムの大型ビジョンにも晴れ姿がばっちり!


新潟米
みんなで食べよう!365日、新潟産。

ホームの新潟での試合で、対戦チームが長野県の松本山雅FCということ、また両チームにとって大切な試合だったこともあって、会場は30,000人を超えるサポーターで大盛り上がり!
そんな大観衆の中で、みんな頑張って大役を成し遂げました!