HOME   ニュース    新潟市でキッズ野菜ソムリエ講座を開催!新たに25名のキッズ野菜ソムリエが誕生しました!

新潟市でキッズ野菜ソムリエ講座を開催!新たに25名のキッズ野菜ソムリエが誕生しました!

2016年06月28日

6月25日(土)、新潟市のメイワサンピアでキッズ野菜ソムリエ講座を開催し、25名のキッズ野菜ソムリエが誕生しました。


今回誕生したキッズ野菜ソムリエの皆さん(クリックで拡大)

6月25日に、メイワサンピアでキッズ野菜ソムリエ講座を開催しました。昨年に引き続きの開催で、新潟県内では通算4回目の開催となった今回は25人のキッズ野菜ソムリエが新たに誕生しました。

まずは、全農にいがたから子供達と保護者に向けて、事業内容や取り組みなどについて説明。みんなが食べている野菜や果物、畜産物は生産者が丹精込めてつくった安全で新鮮なもので、JA全農にいがたはそれらを届けたいとの思いで活動しており、この講座や収穫体験を通して、県産農産物の魅力を一つでも多く発見をしてもらいたいことを伝えました。


JA全農にいがたの取り組みを紹介

キッズ野菜ソムリエを目指して、まずはいろんなトマトを見比べ、食べ比べて、見た目や匂い、味の違いを考えてみます。新潟県で採れたトマトと新潟県で採れたミニトマト、新潟県ではないところで採れたトマトの3種類で、味の違いはどうかな?産地や種類の違いで、どれがおいしかったかは人それぞれ。甘いものが好きな人、酸っぱいものが好きな人など、それぞれの感じ方を大切にしようとみんなで確認しました。


トマトを観察したり匂いをかいだり食べてみたり…

よく見て、違いはあるかな?

感じたことを書いてみます

どれがおいしいと思ったかな?

先生の話で新しい発見があったかな?

キッズ野菜ソムリエになるために、自分でも「この野菜や果物を調べるよ!」と決めて、先生に教えます。任命書と名刺をもらい、エプロン・チーフを身に着けたら、後半の講座がスタートです!


任命書をもらいました!

気分はすっかりキッズ野菜ソムリエです

もらった名刺を先生に渡したよ!

後半の講座では、すいかのお話。まずはすいかの基礎知識から。テーブルの上には3つのすいかが並べられました。大きなすいかが2つと、小さなすいかが1つ。それぞれ半分に切って、中を見てみます。すると…


テーブルに並べられた3つのすいかを切っていきます

赤い大玉、赤い小玉、黄色い大玉の3種類。

皮の厚さが違うんですよ、というお話を聞いています

実際に食べてみよう

どのすいかが一番おいしかったかな?

その後、すいか畑に移動してすいかの収穫体験です。まずは注意事項をしっかり聞いて、どのすいかが食べ頃かを教えてもらいます。


よーく話を聞いて…

畑を管理する農家さんのお話も聞きました

お手本に1つ取ってもらいました。ものすごく大きい!


どーん!

お目当てのすいかを見つけたら、先生に聞いたとおりにはさみを入れて…パチン!


これにしよう!

重いぞ!

みんなが思い思いのすいかを選びました。どれも重い重い。もちろんすいかはお土産です!


ありがとうございました

講座がすべて終わったら、みんなでご挨拶。「ありがとうございました!」

今回初めて部屋から出て、すいか畑で収穫体験を行いましたが、子どもだけでなく保護者の方からも好評でした。特に、採れたすいかの大きさには大興奮!すいかのメインシーズンを前にして、夏を先取りしました。甘くておいしい新潟県産のすいか、これから夏の食卓に欠かせない食材の一つです。

JA全農にいがたでは、これからもイベントを通じて新潟県産農畜産物のことを伝えていきます。これからもお楽しみに!