HOME    食べる・知る    お米のミニ知識【生長】

お米のミニ知識[生長]

Q.稲はどのように生長するのですか?
A.種まきから刈り取りまで、約5ヶ月です。
「米」という字にならって、「種もみから収穫するまでは八十八の手間がかかる」といわれます。いちばん身近な食べ物であるお米は、どのように育ち、収穫されるのでしょう

発芽

まず、塩水に沈む重い種もみだけを選びます。
約半年眠っていた状態の種もみはすぐには発芽しません。
ボイラーで温め、十分な温度と水分を与え発芽させます。
発芽のイラスト

生育初期

苗床で発芽させ、丈夫で健康な苗を作るため大切に育てられます。
田植え前までに水田を耕すなどの整備をし、十分に育った健康な苗だけを水田に植えていきます。
生育初期のイラスト

分げつ期

水田に植えられた苗は、たっぷりの水や養分を吸って生長し、最初に出た茎の根本から分げつして増えていきます。
3~5本を一株にして植えると最高で40本程度まで増えます。
分げつ期のイラスト

穂ばらみ期

根本で形成される幼穂は、稲の最後の葉となる止葉に包まれて生長していきます。
やがて、生長が進んだ幼穂は、くるまっていた止葉を押し分けて、顔を出します。
穂ばらみ期のイラスト

開花

穂が完全に茎から出てくる出穂と同時に、稲のかわいい花が咲きます。
開花のイラスト

成熟期

オシベの花粉がメシベにつくと、受精は完了です。
閉じた殻の中では、メシベの根元部分の種子になる所に、葉の光合成で作られた養分がどんどん送り込まれ、ふくらんできます。
成熟期のイラスト

黄熟期

茎を通して送られた養分で十分に種子が生長していくと、重みで今までまっすぐに立っていた穂が垂れ下がっていきます。
稲穂が黄金色に変わってくると、いよいよ収穫期です。
黄熟期のイラスト
稲の生長イラスト

掲載者:米穀部