HOME    食べる・知る    肥料あれこれ

肥料あれこれ

肥料とは

1 農作物の成長に必要な成分を供給するもの

作物の成長にとって必要な養分は多くありますが、その中でも多量に必要とされる養分は肥料三要素(窒素・リン酸・カリウム)といわれます。
また、作物が必要とする量が比較的少ないホウ素やマンガンなどは微量要素と呼ばれます。
施用した肥料は土壌中の微生物などによって分解されて植物に吸収されるため、施用する肥料によっては植物が吸収するまで時間がかかるものもあります。

2 農地を作物の生育に適した状態にするもの

作物の成長には、土壌の環境も重要な要素の1つです。土壌環境には、土の硬さなどの物理性、pHなどの化学性、微生物などの生物性があります。
肥料には、そのような土壌環境を調整する役割もあります。

肥料の分類

1 普通肥料

特殊肥料以外の肥料。肥料成分の含有量を公定規格により定められ、一般に市販される肥料のこと。

  • ア.化学合成肥料:肥料の原料に科学的な処理を施して製造された肥料
  • イ.有機質肥料:菜種油粕や魚粕などの有機物を原料として製造された肥料
  • ウ.混合堆肥複合肥料:堆肥と一般の肥料とを混ぜて製造した新ジャンルの肥料
2 特殊肥料

農林水産大臣が指定する肥料で、堆肥・米ぬか・家畜排泄物などのこと。

  • ア.魚粕、蒸製骨、肉粕などで粉末になっていないもの
  • イ.米ぬか、醗酵粕、くず植物油粕およびその粉末、草木灰、石膏など
  • ウ.堆肥、家畜の糞尿のような動物の排泄物

掲載者:肥料農薬部